車の買取で大事な必要書類と高値で売却する方法

これまで使い込んできた車を処分するにあたっては下取りや廃車など様々な選択肢が広がる中、もしも一番高値にて売却したいと考えるのであれば買取業者に売却するのが最も賢いやり方と言えるでしょう。

廃車は完全なる廃棄処分ということでお金がかかりますし、下取りは新たな車を購入するディーラーや業者に中古車を買い取ってもらうということ。一方、買取は専門業者が独自のネットワークによって流通させる商品として買い取るわけであり、そこにどれだけの金銭的な価値が見出せるかによって買取金額も大きく異なることとなります。

また、同じ買取扱いでもちょっとした手法の違いによって高値が得られたり、得られなかったりすることがあるので注意が必要です。まずは自身の条件にピッタリ適した業者を探すところからスタート。もしも近場に顔なじみの店舗があったり、すでにネットなどできになる業者を見つけている場合には、電話やメール、ファックス、ネットなどから必要事項を伝え、出張査定の申し込みを行うと良いでしょう。その時までに必要書類の数々をきちんと揃えておくことも重要です。もしもこれらの必要書類に紛失したものがあったり、抜けがあるとそれだけでも手続きが長期化してしまいます。そうならないためにもあらかじめ必要書類をリストアップした上できちんと揃えた上で査定を受けることが望ましいでしょう。

車の買取にて高値を引き出すには、一括査定サイトを活用も便利です。氏名、生年月日、車種、メーカー、年式、購入年、傷や故障の有無などを記載した上で申請すると条件の合致した業者がリストになって表示されるので、その中から条件の合致するものを選んで実際の査定依頼を行うと良いでしょう。この時、2、3社に声をかけた上で、実際の査定額を比較しながら交渉するとさらなる高値の買取額を引き出すことができます。

このようにしていよいよ業者が決まった際、買取契約時にはどのような必要書類が必要となるでしょうか。まずは車検証と自賠責保険証明書、自動車税納税証明書の3つは不可欠となります。もしも紛失した際はそれぞれ運輸局、保険会社、税務署にて再発行してもらうことが可能です。

さらに必要書類はまだまだ存在します。印鑑登録証明書に加えて印鑑も準備しなければなりませんし、これらに記載された住所が車検証と異なる場合には引越し履歴のわかる戸籍謄本の附票などを取り寄せなければならない場合もあります。そしてリサイクル券も合わせて提出することとなります。

ここで店舗側が記入用紙を準備すべきものもあり、譲渡証明書と委任状がこれに当たります。こう言った全ての必要書類がそろったところで初めて本格的な契約に着手することができるのです。買取価格は刻々と変化するもの。高値になった瞬間を逃さないためにもきちんと書類を揃えておくことが大切です。