自動車の買取査定項目に車検切れは影響するか

車検とは、国土交通省が定めた自動車の保安基準を満たしているか確認するために一定の期間ごとに検査をし、公証を受けることです。この検査制度に合格していない自動車では公道を走ることを禁止されており、もしも違反すると違反点数に加えて禁固刑や罰金が科せられます。
また、車検を通す際は自賠責保険の更新も同時におこなうため、車検切れの場合は自賠責保険も切れている可能性が高くなっています。すると、自賠責保険未加入による罰則で、こちらも違反点数に加えて禁固刑や罰金が科せられます。
車検切れ、自賠責保険切れの2つの違反による違反点数の総合点により一発で免許停止、これまでの違反点数に応じて免許取り消しもあり得るので注意しなくてはなりません。
ちなみに、検査は新車で購入すると1回目は3年後、2回目以降は2年毎に必要になります。
さて、上記を踏まえると公道を走る予定のない自動車は検査を通さないままでも構わないということになりますが、処分するために中古車買取りを利用する時、車検切れは買取査定項目に影響するのでしょうか。
結論から言えば、買取査定項目に車検切れは含まれています。しかし、査定項目の中では影響はあまり大きくはないと思っていいでしょう。

自動車の査定項目には、メーカー、車種、グレード、年式、走行距離、状態などが基本項目になっています。
人気のメーカーや車種、高いグレード、年式は新しく、走行距離が短いほど高額査定が期待できるでしょう。また、ボディ、室内、エンジン回り、タイヤ周りなどの査定項目も含めて細かくチェックされます。
では、車検切れの自動車買取りについてですが、査定項目への影響はゼロではないものの、それほど大きな損失はないとされています。というのも、個人で業者に出して車検を通すよりも、買取業者で車検を通した方が安く済ませることができるためです。
一般的に個人で通す場合は安くても7万円ほどかかりますが、車種によっては10万円を超えることも当然あり、中には20万円、30万円とかかってくることもあるでしょう。この金額を、買取金額で補いきることはできません。
よって、車検切れの場合はそのまま査定してもらった方がお得ということになります。
同じ条件でも買取業者によって査定額は変わってくるので複数社に査定をしてもらい、その中で一番高値で買い取ってくれそうな業者を選ぶことをおすすめします。他社を比較することで足元を見られて安く買いたたかれることはなくなるでしょう。

コメントを残す

Your email address will not be published / Required fields are marked *

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>